top of page
LINE_ALBUM_20210808_220807_0_edited_edited_edited.jpg

live  schedule

2024/7/14(sun) 茨城 つくばねオートキャンプ場
『GFB'24(つくばロックフェス)』

IMG_9855.JPG

2024/7/14(sun) 茨城 つくばねオートキャンプ場『GFB'24(つくばロックフェス)』

open/start 10:30

(雨天決行・荒天中止)

〈茨城券〉

1日券 ¥7,000 

2日通し券 ¥13,000

〈一般券〉

1日券 ¥7,500

2日通し券 ¥14,000

​高校生以下入場無料(学生証要提示)

​〈いししより〉

初めて茨城県に演奏しに行きます。演奏以外でも初めてかもしれないです。茨城県、どんなところなんだろう。ご当地グルメを調べてみると、一番上に鯉料理と出てきて、他にもナマズや猪肉やあんこうなど、私にはあまり馴染みのない食材ばかりでした。三番目に出てきた干し芋の安心感ったらなかったです。せっかくの機会、茨城のおいしいもの食べられたらいいな。今年も夏フェスに出れることが決まって嬉しいです。野外の幽コミを楽しんでもらえたらなと思います。いい夏にしたいです。

2024/8/25(sun) 兵庫 三田アスレチック『ONE MUSIC CAMP 2024』

IMG_0620.JPG

2024/8/25(sun) 兵庫 三田アスレチック『ONE MUSIC CAMP 2024』

【​LIVE】

KIX SOUND SYSTEM / ZAZEN BOYS / サニーデイ・サービス / xiangyu / Johnnivan / STAP Sigh Boys / DENIMS / 勃殺戎洞(中村達也×中尾憲太郎) / MASS OF THE FERMENTING DREGS / LÜCY / LEPYUTIN (from Thailand) / 幽体コミュニケーションズ

【TICKET】

2日通し入場券  ¥12,000

土曜/日曜1日入場券  ¥8,500

 

​〈いししより〉

​昨年に引き続き、今年もOMCに出演させていただきます!山の上で開かれる緑いっぱいの夏フェスです。ステージが二つあって、タイムテーブルが交互に組まれているので全組のライブが観れる仕組みになっています。会場はちょうど良くコンパクトで移動しやすく、ゆとりもあって居心地が良かった記憶。昨年は夕暮れ時に地上で雷雨が降っていて、一方、山の上は凄まじい稲光に包まれながらも雨は一滴も降らず、なんだか魔界にワープしたみたいでワクワクゾクゾクしました。フードの出店もあって、昨年はカレーを食べました。とても美味しかった。素敵なフェスです。幽コミは2日目日曜日のトップバッターを務めます。今年も楽しみです。よろしくお願いします!

2024/8/30(fri) 京都 UrBANGUILD
『PLAY VOL.156 -KYOTO-』

IMG_0362.JPG

2024/8/30(fri) 京都 UrBANGUILD『PLAY VOL.156 -KYOTO-』

open 19:00 /start 19:30

adv ¥4000 (+1d)

​※19歳以下はドリンク代のみで入場可能(枚数限定)

​〈いししより〉

渋谷の老舗ライブハウスLa.mamaの箱企画"PLAY"。幽コミもたくさん出演させていただいている企画です。今回、京都へ初出張!これまで155回 La.mamaで行われてきた"PLAY"の初めての出張公演にお声がけいただき、アナログフィッシュとのツーマンが決まりました。会場がUrBANGUILDというのもなんだか感慨深い気持ちになります。特別な日になりそうです。ご来場お待ちしております!

《LIVE》

​アナログフィッシュ / 幽体コミュニケーションズ

2024/12/14(sat)-15(sun) 長野 渋温泉 金具屋・飛天の間
『音泉温楽2024・冬』

IMG_0524.JPG

2024/12/14(sat)-15(sun) 長野 渋温泉 金具屋・飛天の間『音泉温楽2024・冬』

12/14(sat) 15:00-22:30 (予定)

12/15(sun) 10:00-13:30 (予定)

ticket ¥11,000

​〈いししより〉

今年も出ます!音泉温楽!昨年初めて出演させていただいて、こんなご褒美があっていいの・・・!と感動した音泉温楽に今年もでれることが嬉しくて12月までがんばれちゃう。ツンと冷えた冬の長野の温泉街の、歴史ある美しい旅館の最上階にある大広間で、お風呂あがりの浴衣を着てごはんやお酒を楽しみながらみんなが寛ぐ空間でライブをします。観るのも演奏するのも極楽気分。少しでも気になった方はチケットを取ることを強くおすすめします。チケットの仕組みが少しややこしいのですが、二日間のライブ通しチケットの購入と渋温泉にあるどこかの旅館で14日の夜の宿を各自予約しておけばOKです。詳しくは下の詳細リンクから音泉温楽の公式ホームページをご確認ください!ライブが行われる金具屋に泊まれる予約抽選もあるみたいですよ。土曜日の午後からライブが始まり、合間に温泉に入って、旅館に泊まって、日曜日の午前中からお昼過ぎまでまたライブを観る12月。ああ、なんて素敵な。

昨年の幽コミの出番は日曜日の朝一番だったのですが、早起きして渋温泉をお散歩して、最後に金具屋のすぐそばのお寺へお参りをしようと階段を登っていると、朝の掃除をしている住職の智光おばあちゃんにお会いしました。ご縁だからと良くしていただいて、また来ますと約束したんです。だからまた行けることが本当に嬉しい。

渋温泉まではちょいと遠いですが、2024年を生き抜いたご褒美旅行だと思って。金具屋で讃え合いましょう。

《LIVE》

[メインフロア@八階 飛天の間]

Summer Eye / showmore / CHO CO PA CO CHO CO QUIN QUIN / Nagakumo / 幽体コミュニケーションズ / Naturally Dub Gusghing / and more...!

[DJフロア@六階 慶雲の間]

​ゆけむりDJs

bottom of page